CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
りーたんといつも一緒に 難病「脊髄小脳変性症/アプラタキシン欠損症」と闘う少女と彼女に寄り添う犬たちの物語
りーたんといつも一緒に 難病「脊髄小脳変性症/アプラタキシン欠損症」と闘う少女と彼女に寄り添う犬たちの物語 (JUGEMレビュー »)
大塚 良重
「いのち」を真剣に考える一冊です。また、寄り添う物言わぬ犬たちも、心の支えになるだけでなく、成長するための力になり得る素晴らしい存在だと、きっと再認識できるはず。
RECOMMEND
生きがいの創造―“生まれ変わりの科学”が人生を変える (PHP文庫)
生きがいの創造―“生まれ変わりの科学”が人生を変える (PHP文庫) (JUGEMレビュー »)
飯田 史彦
愛した人が生まれ変わっても、いつでも側にいてくれる‥そんなことを教えてくれる一冊です。
<< 不思議な偶然 | main | パパお休みDAY >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ガンバロウ!
襲い掛かっちゃ、いけないんだよね。
少しづつ落ち着いてきたTERRA家です。
でも、やっぱり心の穴はぽっかり開いたまま。
にぃにぃに「ぴ〜ちゃんをかごから出してあげようとしちゃった」と言うと
にぃにぃも「ボクもチュッチュッ!(口で鳴らした音です)ってしてしまいそうになる」と
言っていました。
あ〜、同じなんだな〜。
あんなに小さいからだのぴ〜ちゃんでしたが
やっぱり家族の一員。
身体の一部のような気さえします。
こうやって、毎日ぴ〜ちゃんとの思い出をたどっていますが
そろそろお仕舞いにしなきゃいけませんかね。
こうやってワタシがPCに向かっていると
いつも私のスリッパの淵にとまっていました。
私がそのスリッパを履こうとすると「びーーー!!!」と
つつかれてました(^^;
もう安心して履けます(^^A

前を向かなくては・・・・。
この「当たり前の音」がない暮らしは、相当辛く、寂しいものですが
受け止めなくてはいけませんね。
なかなか出来ずに居ますが、ガンバロウと思います。

もちろん、ぴ〜ちゃんを忘れるわけではないし、
どんどんその寂しさは色濃くなるような気もしますが
ガンバロウ。
いつかきっと帰ってきてくれると信じています。
だから「またね!」です。
ぴ〜ちゃん、頑張るから見ててね!

話は全く違うのですが、今日は公立高校の一般入試の日です。
推薦でザンネンさんだったみんな、推薦を受けずに一般入試に臨んだみんな、
今日はどうだったかな?
今まで、この日のために頑張って来たんだもんね。
どうかみんなの元に、いい知らせが舞い込んできますように。

それぞれの新しい暮らしに向かって、ガンバロウ!!!
| ぴ〜ちゃん | 23:13 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:13 | - | - |
コメント
お決まりの『おはよ〜ございます』

TERRAママの前向きに頑張ろう!の意気込みは
もう少し先でもいいのでは・・・
無理せず、所かまわず泣きなはれ〜〜〜
泣き疲れたら戻って来て下さい

こんなに愛されてる『ぴ〜ちゃん』に

『☆☆☆☆☆☆☆』←星7つ【ラッキーセブン】
| アルのママン | 2008/03/13 8:03 AM |
TERRAママさん、その調子、その調子!!

でも、無理に忘れることなんてしなくていいし、忘れることなんて
できませんよね・・。
時間とともに、可愛い子が良き思い出となってくれると思います
私も、インコを飼っていたと言いましたが、楽しい、可愛い思い出と
なってくれてます
何匹もいるけど、忘れることなんてありませんよっ

ぴーちゃんは、これだけ想ってくれた家族をいつもお空から
見てくれていると思います


頑張って下さい!


| ビーママ | 2008/03/13 9:13 AM |
TERRAママさんこんにちは

ぴ〜ちゃんみんなに愛されていたんですね♪
ちょくちょくブログに登場するぴ〜ちゃん
ちっちゃい体だけど,朝起きてからのご挨拶から,くつろぎの時間、いつもどんなときも
TERRAママさん家に居た事知っています!
それだけにどんなに悲しく辛かったことでしょう。

私もバディの事をなかなか受け入れられなかったけど
時間が少しずつ癒してくれ,やっとバディの思い出を笑顔で思い出す事ができるようになりました!
時間が少しずつTERRAさんとご家族を癒してくれることを
心からお祈りしてます!!

ぴ〜ちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
| くりおね | 2008/03/13 10:24 AM |
■アルのママンさん♪
自分に喝を入れなくては、いつまでもメソメソしていそうです。
でも無理してませんよ。
今でも、ぴ〜ちゃんのかごを見ては胸がキュンとし、
ロールスクリーンの上げ下げのたびに
その近くにあったぴ〜ちゃんのかごに向かって
「ぴ〜ちゃん」と声かけそうになります。
でも、それはそれで「もういない」ことを
受け止め始めています。
でも、思い出は色濃く胸の中に残っています。

破格の☆七つ!!!
でも、ワタシにじゃなくて「ぴ〜ちゃんに」なのね(^^A
ありがとう(^-^*

■ビーママさん♪
忘れませんよぉ〜〜!
私の可愛い唯一の娘ですから!!

昔、夏場に寝る前、蚊に刺されては可愛そう、という思いから
殺虫剤をかごの周りにシューーーッてしてから寝たことがありました。
すると翌朝には・・・・(ToT)
そんな辛い思い出もあります。
良かれと思ってしたことが裏目に・・・。
子どもの頃の話ですが、いつまでも心に残っています(;_;)

そんなこともありましたが、
どんな子もとっても可愛かった。
ぴ〜ちゃんもきっと、お空から見てくれていると思います。
だから、どんなことも誠実に、真面目にガンバロウ!と
思っています。
笑われちゃいそうだから(^^ゞ

■くりおねさん♪
今回のことは、きっとくりおねさんが経験された悲しみに
似ているんだろうな〜〜と思います。
病気で患っていたのなら、ある程度覚悟もできるし
看病できる幸せもあるかもしれませんが、
突然の事故というのはやり切れませんね。

TERRAが居てくれるので、やっぱりその悲しさを埋めてくれます。
もし居なかったら、きっと毎日ボケーーーッと
していたかもしれません。
くりおねさんのお宅にも、フラムちゃんという可愛い天使さんが舞い降りてきてくれて
癒されることも多いと思います。

お悔やみのお言葉、ありがとうございました。
| TERRAママ | 2008/03/13 5:50 PM |
コメントする