CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
りーたんといつも一緒に 難病「脊髄小脳変性症/アプラタキシン欠損症」と闘う少女と彼女に寄り添う犬たちの物語
りーたんといつも一緒に 難病「脊髄小脳変性症/アプラタキシン欠損症」と闘う少女と彼女に寄り添う犬たちの物語 (JUGEMレビュー »)
大塚 良重
「いのち」を真剣に考える一冊です。また、寄り添う物言わぬ犬たちも、心の支えになるだけでなく、成長するための力になり得る素晴らしい存在だと、きっと再認識できるはず。
RECOMMEND
生きがいの創造―“生まれ変わりの科学”が人生を変える (PHP文庫)
生きがいの創造―“生まれ変わりの科学”が人生を変える (PHP文庫) (JUGEMレビュー »)
飯田 史彦
愛した人が生まれ変わっても、いつでも側にいてくれる‥そんなことを教えてくれる一冊です。
<< 母の旅立ちから一年・・・。 | main | レッスン、卒業です! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
父、13回目の命日
今日のお供え
今日は父の13回目の命日でした。
母の他界がまだ新しい記憶なので、うっかり忘れるところでした(^^A
3月2日が命日だということと、今日が3月2日だということが
繋がってなかったようです・・・。

父はとても子煩悩。
子どもが大好きで私の小さい頃は、毎週日曜日には必ずどこかへ連れて行ってくれました。
小さい頃はそれでよかったのですが、小学校も高学年になると難しいお年頃。
友達が遊びに来てもしゃしゃり出てきて、しょうもないことをやっていく。
大阪弁でいう「いちびり」ってやつです。
それが嫌で嫌で・・・。

それに加え、ワタシをからかいたいあまりに、私の嫌がることをわざとする。
怒る私を見て喜ぶ父。
それも、嫌で嫌で・・・。

そんな父が大嫌いでした。
寄ると触るとケンカばかりで私も父を罵り、悲しいほどに毎日頭に血が上っていました。

それも、結婚して離れて暮らすようになったからか、
はたまた私が大人になったからか、父に優しく接することができるようになりました。
でも、そんな時間は長く続かず。
糖尿病を患っていた父でしたが、悪化して腎臓にも影響が出ました。
心臓のバイパス手術を受けた翌年に見つかった胆管癌で
67歳の若さで他界することになりました。
 
今更ですがもっと優しくしてあげたらよかったと、後悔は先に立たず…。
可愛そうなことをしました。

私の子どもたちもそれはそれは可愛がってくれました。
成長した姿を見てもらいたかったです。

とても明るく、人懐っこい父でした。
どんな人にも好かれ、近所の子どもも「おっちゃんあそぼ!」と
誘いに来るほど慕われていました。
口が達者で大阪の商人として、自営の事務所を切り盛りもしました。
犬も大好きで、お隣のコリーを勝手に散歩させたり、
ブラッシングしたりと、お世話をやいて・・・。
私の犬好きやいい加減なお口は(^^;父に似たのかもしれません。

昨年秋のお彼岸

昨年の秋のお彼岸にGOちゃんも一緒にお墓参りに行きました。
初めましてだよね。
お父さん、GOちゃん可愛いやろ。

今日はお花と糖尿病で食べられなかった桜餅と
大好きだったホタルイカをお供えしました。
お母さんと仲良く食べてね。
父と母

今はきっとあちらの世界で楽しい時間を過ごしていることでしょうね。
アナタの娘はそれなりに毎日頑張っていますよ。
これからも応援してね。

形原の浜
父の生まれ育った浜。
こんな橋、昔はなかったけどね。
びっくりだね、お父さん。
| 家族 | 23:20 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:20 | - | - |
コメント
コメントする