CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
りーたんといつも一緒に 難病「脊髄小脳変性症/アプラタキシン欠損症」と闘う少女と彼女に寄り添う犬たちの物語
りーたんといつも一緒に 難病「脊髄小脳変性症/アプラタキシン欠損症」と闘う少女と彼女に寄り添う犬たちの物語 (JUGEMレビュー »)
大塚 良重
「いのち」を真剣に考える一冊です。また、寄り添う物言わぬ犬たちも、心の支えになるだけでなく、成長するための力になり得る素晴らしい存在だと、きっと再認識できるはず。
RECOMMEND
生きがいの創造―“生まれ変わりの科学”が人生を変える (PHP文庫)
生きがいの創造―“生まれ変わりの科学”が人生を変える (PHP文庫) (JUGEMレビュー »)
飯田 史彦
愛した人が生まれ変わっても、いつでも側にいてくれる‥そんなことを教えてくれる一冊です。
<< 遅いっちゅーねん! | main | 嬉しいニュース♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
あれから一年・・・・。
愛しのぴ〜ちゃん
今日はぴ〜ちゃんの一周忌です。
あの不慮の事故から一年が経ちました。
早かったような、長かったような・・・・。
あれからいろんなことがありました。
いいことばかりではないけれど、何とか無事に過ごしています。

ぴ〜ちゃんのお陰で今ワタシタチはこうやって
TERRAちんやふくちゃんと一緒に暮らしていられます。
にぃにぃのアトピーで、毛のある動物の飼育は厳禁。
アトピーの子のいる家庭では、金魚や熱帯魚、亀などの飼育を勧められます。
もちろん、動物好きな我が家は熱帯魚を飼い、
しばらくはその美しさを楽しんでいました。
グッピーが魚なのに卵ではなく、赤ちゃんを産むことを
このときに知り、その瞬間も目にすることが出来
それも貴重な経験です。
将来的にはやはり犬を・・・という思いが私たちにはありました。
皮膚が改善されてきたので、そろそろ・・・・と
まずは小さい小鳥から試してみることに。
そのとき飼ったのがぴ〜ちゃんです。
もしダメだったら・・・ということも、考えなくはなかったのですが
なぜだか「大丈夫!」という確信がありました。
実際、本当に大丈夫で、にぃにぃには全く影響はありませんでした。

だからぴ〜ちゃんは我が家のワンコライフを始めるに当たっての、
キーパーソン(小鳥ですけど)だったのです。
雛のときから育て、「ぴ〜ちゃん!」と呼ぶと
必ず「ぴ!」とお返事をしてくれました。
TERRAちんと仲良くすることは出来ませんでしたが
ちゃんとTERRAちんから逃げる術を知っていて、
いつもぴ〜ちゃんの方が一枚上手で(^m^)
中に何があるのかな〜〜?

熱帯魚とは違う、体温があって、鑑賞するだけではない初めての家族。
そして初めての娘(*^^*)
脚弱症のため、晩年は飛ぶことが出来ませんでしたが
元気に歩き回っていました。
そして今は虹の橋の向こうで、元気に羽を広げて飛び回っていることだと思います。
独身のときから飼っていて、新婚のころに亡くした「ゴンちゃん」(手のりの白文鳥)と
一緒に遊んでいるかな?

お墓にはお庭の水仙と、大好きだったひよこ草を摘んでお供えしました。
今ではお墓に手を合わせるときは、お願い事ばかりしているワタシ。
ぴ〜ちゃん、ごめんね。
ゆっくり寝られないかな?
ポポちゃんやふくちゃんに出会わせてくれてありがとう。
これからも、見守っていてね。

そうそう、これはぴ〜ちゃんからのプレゼントかな?
今日ね、TERRAちんが平気の平左でふくちゃんを乗せてましたよ。
ちょっと迷惑そうだけど・・・(^^;
(ブレブレですみません>_<)
| ぴ〜ちゃん | 23:41 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:41 | - | - |
コメント
コメントする