CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
りーたんといつも一緒に 難病「脊髄小脳変性症/アプラタキシン欠損症」と闘う少女と彼女に寄り添う犬たちの物語
りーたんといつも一緒に 難病「脊髄小脳変性症/アプラタキシン欠損症」と闘う少女と彼女に寄り添う犬たちの物語 (JUGEMレビュー »)
大塚 良重
「いのち」を真剣に考える一冊です。また、寄り添う物言わぬ犬たちも、心の支えになるだけでなく、成長するための力になり得る素晴らしい存在だと、きっと再認識できるはず。
RECOMMEND
生きがいの創造―“生まれ変わりの科学”が人生を変える (PHP文庫)
生きがいの創造―“生まれ変わりの科学”が人生を変える (PHP文庫) (JUGEMレビュー »)
飯田 史彦
愛した人が生まれ変わっても、いつでも側にいてくれる‥そんなことを教えてくれる一冊です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
タク、21歳になりました♪
1月9日はタクの21歳のお誕生日でした。
いつも思うことですが、タクを出産して退院した翌朝に見舞われた「阪神淡路大震災」。
だからあの日からの年月はタクの年齢と同じ。
たくさんの大切な命が失われ、震災とはどういうものかを目の当たりにしました。
毎年、タクの誕生日にこのことを思い出し、
命を大切にしなければ、と思うのでした。

とはいえ、やっぱりおめでたい日です。
お誕生日プレゼントはちょっと前に買ったけど、
母親として出来るのはやっぱりご馳走でしょう。
タクの好きなものを集めました。


お刺身てんこ盛りと、茶碗蒸し。
牡蠣が食べたいと言っていたので牡蠣を買って来たのですが
カキフライが良かったとのたまう…(-_-#
悪かったね=3
それでも、喜んで食べてくれましたよ。
続きを読む >>
| 家族 | 21:55 | comments(0) | - |
銀婚式を迎えました。
ケーキ

1990年11月25日、私たち夫婦は大阪のとあるホテルで結婚式を挙げました。
九州男と関西女の結婚を、両親を始めみんなにお祝いをしていただいたことを
つい昨日のように鮮明に覚えています。
両親にもあの日にブーケにした鉄砲ユリをお供えして報告。
ユリのお花で報告

あれから25年が経ったなんて嘘のようですが
それなりにいろんなことがあって、
やっぱり長い月日を共に過ごしてきたんだな〜という気もしています。
その月日を思うと、いろんな思いが去来します。
この節目に「苦楽を共にする」という言葉を改めて心に留めるようになりました。
いいことばかりじゃないけれど、楽しいことも嬉しいことも共にするんですよね。
子どもも成人して、これからは夫婦二人になることを思うと、
共に支え合って、理解し合って過ごしていかないとな〜とも
思っている次第であります。
最後はなんてったって二人なんだもんね。

 
続きを読む >>
| 家族 | 23:40 | comments(4) | - |
お盆 2015
今年もお盆は私の実家である大阪で過ごしました。
12日(金)の夜に車で家を出発し、13日(土)午前中には実家に着きました。
GOちゃんは長旅の間、終始お利口さんに過ごしましたよ。

13日はすぐに両親のお墓参りへ。
お墓参り

とっても暑くて、へろへろです〜〜(>_<)
都会って暑いのが嫌なんですよね。
こっちの暑さと種類が違う気がします。
暑さが苦手なGOちゃんもよく頑張りました。

 
続きを読む >>
| 家族 | 21:22 | comments(0) | - |
父、13回目の命日
今日のお供え
今日は父の13回目の命日でした。
母の他界がまだ新しい記憶なので、うっかり忘れるところでした(^^A
3月2日が命日だということと、今日が3月2日だということが
繋がってなかったようです・・・。

父はとても子煩悩。
子どもが大好きで私の小さい頃は、毎週日曜日には必ずどこかへ連れて行ってくれました。
小さい頃はそれでよかったのですが、小学校も高学年になると難しいお年頃。
友達が遊びに来てもしゃしゃり出てきて、しょうもないことをやっていく。
大阪弁でいう「いちびり」ってやつです。
それが嫌で嫌で・・・。

それに加え、ワタシをからかいたいあまりに、私の嫌がることをわざとする。
怒る私を見て喜ぶ父。
それも、嫌で嫌で・・・。

そんな父が大嫌いでした。
寄ると触るとケンカばかりで私も父を罵り、悲しいほどに毎日頭に血が上っていました。

それも、結婚して離れて暮らすようになったからか、
はたまた私が大人になったからか、父に優しく接することができるようになりました。
でも、そんな時間は長く続かず。
糖尿病を患っていた父でしたが、悪化して腎臓にも影響が出ました。
心臓のバイパス手術を受けた翌年に見つかった胆管癌で
67歳の若さで他界することになりました。
 
続きを読む >>
| 家族 | 23:20 | comments(0) | - |
母の旅立ちから一年・・・。
先日、母の一周忌法要を営みましたが、命日は2014年2月20日。
ちょうどあの日から一年が経ちました。

葬儀

母

仕事も無期限のお休みをいただき、最期の日まで毎日母に付き添うことが出来ました。
会社には本当に感謝しています。
会社の同僚からの応援グッズ

そして、どこまで長引くかわからないのに、
快く送り出し、留守を守ってくれた家族にも心から感謝しています。

母の介護はちょうど2か月。
毎日、毎日1時間半ほどの病院までの道を、電車とバスを乗り継いで通いました。
病院支度

ずっと調子が良かったのですが、病院食がまずいと文句を言うので
一口サイズのおにぎりを持参しては「硬いわ!」とまた文句を言う、
わがまま放題の母でした。
私は時運のおにぎりに持参し、あとは母が残した病院食を食べ、
結構ヘルシーな毎日でした(^^;

 
続きを読む >>
| 家族 | 20:47 | comments(0) | - |
母の一周忌
本昌寺さん

昨日、母の一周忌をお寺で済ませました。

お焼香

兄も私も去年の今頃のことがまざまざと思い出され
胸に迫るものがありました。

祭壇

家族4人が母の葬儀以来初めて揃いました。
私もうれしかったけど、母もうれしかっただろうな。
母の妹といとこたち、そしてその子どもたちも集まり、賑やかな法事になりました。

まちゃき

法事後のお斎は岸和田城近くの五風荘で。

岸和田城

旧家の跡にできたお店で、庭園も広くきれいなお店。
でも、お料理が遅いんだな〜〜(-_-;

お斎

子どもたちもゲームのお蔭で時間が潰せたからよかったけど。

ゲームに興じる子どもたち

しかし、今の子どもは4歳ですでにゲームをするのね。
静かにさせるための素晴らしい道具だそうですが私はちょっと嫌だな、と思ったのでした(^^;;;
思っただけですよ。

実家へ戻り、父の闘病日記を兄から見せられたのですが、最初は父の自筆。
母が見舞いに来てくれたことを、毎日「うれしい」と綴られていました。
そして私たちが里帰りした時も、
無事についたと喜び、見舞いに来てくれたと喜んでくれていました。
また戻るときは「さみしい」と・・・。
そんなこと口にすることはなかったし、
人の心配をするような人でもなかったのにちょっと意外。
その闘病日記も途中から母の字に変わり、最後のページはとても辛い内容でした。
途中から日記もつづることができなくなっていたのですね(;_;)

母はきっと父のその時の様子と自分のその時の様子がオーバーラップしたに違いない。
そのことに気づいた時の気持ちはどんなだっただろう。
苦しかっただろうな…。
もうあちらで会ったかな?
以前、母の夢枕に父が立ち、
「こっちでいい人ができたから」とわざわざ言いに来たらしいので(爆)
会ってないかもね〜。

父も母もいない今、やっぱり寂しいですね。
いつかは訪れるときですが、ちょっと早いよ。
ずっとずっと私たちのことを見守っていてね。
イイヒトができてもさ。

記念撮影
| 家族 | 12:05 | comments(0) | - |
祝!成人!!

すっかりご無沙汰のブログですが、この度タクがめでたく成人を迎えましたので
記録としてとどめておきたいと思います♪
(その割には遅めですが・・・^^;)

お陰様で、タクは1月9日に20歳を迎えました。


偶然、母子手帳が目に入ったので久しぶりに開いてみました。



出産予定日は1月11日でしたが、2日早いお産になりました。
にぃにぃのときもそうでしたが、出血から始まるお産で
陣痛促進剤を入れてのお産です。
でも、お産そのものはにぃにぃのとき以上に軽く、
無事に出産することが出来ました。
出産時刻は午後6時19分。
3080グラムでした。
自分の人生を自分で切り開いてもらいたいという願いを込めて名付けました。
続きを読む >>
| 家族 | 00:08 | comments(0) | - |
2度目の里帰り
再びただいま。

今年のお盆は母の初盆でしたが、7日(木)がお寺さんが見える日だったので
私だけ帰省し、初盆のお参りをしました。
でも、パパが「初盆だからお参りしておかないと!」と言うので、
13〜15日の2泊3日で再び里帰り。
前回は飛行機で行きましたが、今回は車。
前回の帰りは台風直撃コース&時間だったので
泣く泣く予約していた飛行機をあきらめ、
急きょ新幹線で帰ることにしたのでした。

 
続きを読む >>
| 家族 | 11:02 | comments(0) | - |
初盆
今年の2月20日に母が他界してもうすぐ半年がたちます。
離れて暮らしているので、いなくても以前と変わりはないかと思っていたら
やっぱり全然違うことに気が付きました。
私って何気なくよく母のことを考えてたんだ・・・と実感しています。

パパや子どもたちのこと、今度母と話す機会があったら
あれも話そう、これも話そうって思っていたようで
ちょっとしたことがあった時、「このこと今度母に話そう!」って
普通に思ってる自分がいます。
もう話せないんですよね。

今年は初盆。
普通、休みの日にお寺さんが見えて、親戚が集まってお経を聞き、
その後会食・・なんて運びになるんでしょうが
実家は都会。
檀家さんが多いのか、お盆の時期は「この家に何日に行きますから」、と
お寺さんからお参りの日を指定されるんです。
というわけで、母の初盆は明日・・・。
思いっきり平日ですが、お寺さんにはそんなの関係ないんでしょうね(-_-;
仕事をお休みして行ってきますよ。
私一人で・・・・。

土曜日にお寺でお盆の法要があるらしいので、
それに出てからこちらへ帰ってこようと思っています。
台風11号が怪しい!
今夜から飛行機で行くのですが、今夜はまだいい。
帰りが土曜の夜。
やばい感じです!
日曜はもっとやばい!!
どーなるのかな?
台風がそれることを祈ります。

それでは、行ってきます!
| 家族 | 19:09 | comments(2) | - |
母の旅立ち
2月20日、実家の母が旅立ちました。
71歳でした。
長くなりますが、記録として闘病の様子をつづりたいと思います。

昨年のクリスマスに検査入院をする予定が、
思った以上に状態が悪く、入院が長引き、
年末年始を病院で過ごしました。
手術では切れないこと、あまり抗がん剤が効かないこと、
腫瘍が大きくなっているせいで胸に水がたまっていること、
それらを総合するとどう考えても
「治らない」という答えが導かれてしまいます。
でも一縷の望みを託し、「効かないかもしれない抗がん剤」を服用していました。
効かないかもしれないけれど、低い確率ながらも「効くかもしれない」のだから。
続きを読む >>
| 家族 | 15:48 | comments(7) | - |
| 1/48PAGES | >>