CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
りーたんといつも一緒に 難病「脊髄小脳変性症/アプラタキシン欠損症」と闘う少女と彼女に寄り添う犬たちの物語
りーたんといつも一緒に 難病「脊髄小脳変性症/アプラタキシン欠損症」と闘う少女と彼女に寄り添う犬たちの物語 (JUGEMレビュー »)
大塚 良重
「いのち」を真剣に考える一冊です。また、寄り添う物言わぬ犬たちも、心の支えになるだけでなく、成長するための力になり得る素晴らしい存在だと、きっと再認識できるはず。
RECOMMEND
生きがいの創造―“生まれ変わりの科学”が人生を変える (PHP文庫)
生きがいの創造―“生まれ変わりの科学”が人生を変える (PHP文庫) (JUGEMレビュー »)
飯田 史彦
愛した人が生まれ変わっても、いつでも側にいてくれる‥そんなことを教えてくれる一冊です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
TERRAちん、13歳のお誕生日。
レンゲと

11月10日はTERRAちんの13回目のお誕生日。
お誕生日おめでとう〜〜♪
伝説の川にて

この年はどうしても迎えてほしかった。
でも、TERRAちんがここまで生きながらえたとしたら
きっとボロボロだっただろうし、きつかったよね。
男気溢れるTERRAちんは、そんな姿は耐えられないよね。
だから、あっという間に駆け抜けちゃった。
TERRAちんらしいよ。
続きを読む >>
| TERRA | 23:23 | comments(0) | - |
TERRAちん一周忌
大好きなTERRAちん。

今日でTERRAちんが虹の橋を渡ってちょうど1年。
長かったようで、あっという間だった気もします。
やっぱり長かったかな。

もう土に還れたかな?

私の相棒、最高のパートナーだったTERRAちん。
お互い意思の疎通はしっかりできていて、言葉もなんでも通じていました。
そのTERRAちんが突然私の前から去って行ったのです。
寂しくないわけがありません。
片腕をもがれたような、心に大きな空洞が出来てしまったような・・・。
自分が自分でない感じ。
なんとも形容しがたい感情がずーーーっと私の中に渦巻く毎日でした。
続きを読む >>
| TERRA | 19:00 | comments(3) | - |
TERRAちんに会いに。
昨日、動物さんとお話ができるアニマルコミュニケーターの
「Angelapain♡えみぃ」さんのセッションを受けてきました。
「Angelapain♡えみぃ」さん⇒http://angelapin.jimdo.com/
TERRAちんの声を聞かせていただきました。
(えみぃさんと愛犬の「おさじちゃん」♪)

場所はTERRAちんと何度か行ったドッグカフェ「Cafe chocolat」さん。
「Cafe chocolat」さん⇒http://ameblo.jp/cafechocolat0707/

Cafe chocolatさん

先日ふらっと立ち寄った際に、月に一度えみぃさんにワンコの言葉を聞いてもらう
イベントを行っておられることを伺いました。
その際、偶然にも1枠だけ空きがあると聞き、ぜひにとお願いしていたのでした。


 
続きを読む >>
| TERRA | 16:59 | comments(6) | - |
11歳のお誕生日おめでとう♪
「よし」はまだ?

今日はTERRAちんの11歳のお誕生日です。
去年の今頃は10歳のお誕生日を迎えられたことが
本当にありがたくて、幸せいっぱいでした。
たった1年しか経っていないのに、もう姿はないなんて・・・。
嘘みたいです。
あんなに元気だったのにね。

でも、立派な旅立ちでしたから責めることはしないし、
悲しくもありません。
ただ淋しいだけ・・・。

 
続きを読む >>
| TERRA | 23:42 | comments(0) | - |
4回目の月命日
今日はTERRAちんが旅立って4回目の月命日です。
まだ半年も経っていないんですね・・・。
遠い昔のような気もしますが、やっぱりまだ涙が溢れることがしばしば。
いつまで経っても寂しさは無くならないですよね。

台風24号がやってくるという昨日からの天気予報で
町内の小中学校や、町の行事、ゴミの収集までお休みになりました。
タクの学校は午後から休講。
今日のタクの授業は午後からだったそうなので、
結局、一日家でゲーム三昧・・・(-_-;

台風でどうなるかわからなかったので、昨日からTERRAちんの
お花を買っておきました。
月命日だけはちょっと贅沢します。
でも、生産者がお花を卸しているお店のタイムセールとかで
とても安く買えました(^-^*
花束1つ150円!
なので、2つ買いましたがそれでも300円。
ワタシらしい贅沢〜〜〜(^o^*
今朝、花瓶に入れましたが思いのほかたくさん入っていて
時間がかかりました〜〜(^^;
 華やかになったね。
続きを読む >>
| TERRA | 23:13 | comments(2) | - |
忘れないからね!

ワタシが毎日結構楽しみにしている、新聞の川柳欄(*^^*)
へ〜〜〜って感心したり、どういうこと??って理解ができなかったり(^^ゞ
五七五の中にぎゅっと言葉が凝縮されている。
四季を感じる俳句も大好きだけど、自由な川柳も楽しい♪

今日の川柳の秀逸の句がこれ。

今日の秀逸

【忘れずにいることそれを供養とし】

まさにそうかも。

TERRAちんのこと、忘れないよ。
もちろん、忘れろってったって無理だけど。
昔も今も、大好きだからね(^-^*

忘れないよ♪

| TERRA | 23:45 | comments(2) | - |
いつもそばに♪

TERRAちんが旅立って3ヶ月が過ぎ、ワンコのいない暮らしにも
すっかり慣れました。

今日も通勤途中で涙が出てやばい時がありましたが
それ以外は普通に暮らしています。

TERRAちんGardenのお花の水やりも、
祭壇のお供えのお花の水換えも、すっかり日課に組み込まれました(^^ゞ

そんな毎日を送っていますが、最近TERRAちんからの連絡がないな〜と
ほんのちょっぴり思っていたら、連絡がありました(*^^*)
最近どうしてるのかな?って思ってることは誰にも言ってなかったのにね。

TERRAちんは毎日楽しく過ごしているようです♪
でも、うちにいるのにワタシが気づかないから淋しいって・・・!!
だって分かんないんだもーーーん!!!!
どうしたら気がついてあげられるのかしらね〜〜。

続きを読む >>
| TERRA | 22:02 | comments(3) | - |
3回目の月命日

今日は9月8日。
TERRAちんの月命日です。
いつもと変わらない静かな朝を迎えました。
TERRAが旅立ってから、家の中はすっかり静かになりました。

あれから3ヵ月が経つのですね。
まだ3ヵ月・・・。
最初の1ヵ月はとても早くて、あっという間でした。
2回目の月命日はもう少しゆっくりと訪れ、
3回目の今日はもっとゆっくりやってきたような気がします。
これってどういうことなのかな。

続きを読む >>
| TERRA | 22:54 | comments(2) | - |
溢れた涙・・・。

思いのほかTERRAの旅立ちをちゃんと受け止め、
乗り越えられていると思っていたのに、
昨日は出勤途中の車の中で、突然火葬前のTERRAちんのことを思い出し、
また涙にくれてしまいました。

火葬前にゆかりの地巡りをしていたときのことが急に思い出され、
このシーンが頭に現れたのでした。
最後に来れてよかったね。

お世話になったスクールでS指導員やOさんにお会いでき、
報告とお礼を言えてよかった・・・。
大好きだったプールの横に車をつけて、プールも見せてあげました。
最後にスクールに行った時は、プールにお水が入ってなくて
がっかりしたんだもんね。
もうプール、直ったんだよ。

スクールはワタシとTERRAちんとの絆を、
より深くしてくれたとても大切なところ。
みんな楽しかったね。

楽しい思い出ばかりです。
時々悔しい思いもしましたが(^^ゞそれも今となってはいい思い出です。

そんなこんなを出勤途中に思い出したもんだから、
どんどん涙が溢れちゃって、かなりやばかったです(>_<;

TERRAちんの最期はこれ以上にない素晴らしいものでした。
だから「よかったね♪」と言ってあげられるほど
心の余裕も出てきているのにね。
まだまだこんな時があるんだな〜。

| TERRA | 23:47 | comments(2) | - |
ワタシも幸せだったよ
facebookでシェアさせていただいた【僕は幸せだったよ】。

* * *

【僕は幸せだったよ】


僕は犬。
...
名乗るほどの犬ではない。
そこいらにいるただのワン公だ。

小さい頃に里子に出され、
今の家に貰われてきた。

他にも兄弟がいたが、
もうみんな生きてはいないと思う。

奔放で縛られるのが嫌な性格の僕は、
ご主人にたくさん迷惑をかけた。

そこいらにおしっこを掛けたり、
他の家の犬に吠え掛かったり。

その度にご主人に怒られ、
時には手を出されたりもした。

だけどその後にはご主人は必ず
優しく撫でてくれた。

僕はそんなご主人の
大きな手と匂いが大好きだった。

ご主人が泣いていた日もあった。

そんな時は、僕は黙って
ご主人の傍に寄り添った。

犬である僕に出来ることは
それぐらい。

ご主人が遠くに連れて
行ってくれたこともあった。

そんな時は、
僕は思いっきり遊んだ。

犬である僕はそうやって
喜びを表現した。


長い年月が経って、
僕はもう目も耳もだいぶ悪くなった。

なにか病気に掛かっているらしい。
立つのもつらくなってきた。

あれ?

またご主人が泣いている。

何か悲しいことや
辛いことがあったのだろうか?

僕はふらつく足で立ち上がり、
ご主人の傍に寄り添おうとした。

ご主人は、立ち上がる僕に、
震える声で「ダメ!」と声を荒げた。

また僕の行動が
ご主人を怒らせてしまったようだ。

だがその後は、
必ず僕を優しく撫でてくれる。

僕は目を閉じた。
もう目は見えていなかった。

だけど、
大好きなご主人の手と匂いは感じる。


『僕は幸せだったよ』

『ありがとう』
続きを読む >>
| TERRA | 23:25 | comments(0) | - |
| 1/84PAGES | >>